不動産買取とか

不動産買取とか

雑誌の宣伝チラシ、ゴシップ紙、電信柱に見られる宣伝広告や郵便広告などで「債務の合理化します」「多重負債を一本化したくありませんか」というような惹句を目に入れることがありませんか。

 

「整頓人」「買取業者」「つなぎ屋」という通称の悪徳企業の宣伝のケースがあるのです。

 

これらを頼んだ場合には破産申請手順の中で最優先の免責決定をもらえない恐れも存在します。

 

「整理業者」の場合、ダイレクトメールなどで借金を抱える人は集め、高い代金を出させて借金整理をしますが、本当は借金整頓は行われないまま、借金者は債務スパイラルに落ちるケースがほぼすべてと予想されます。

 

「買取屋」というのは、債務者のカードで、電気製品、電車の券を買い入れさせて借金者からこれらの物品を値段の3割もしくは額面半値で引き取るという手段が知られています。

http://xn--4gqx32c.extrem.ne.jp/site/

小金がもらえますが、いつかカード企業による買ったものの売値の支払いが送られてきて、実際のところ借金をアップさせることになってしまいます。

 

このケースではクレジットカード会社に対する犯罪とされてしまい免責許可をもらえなくなります。

 

「紹介者」の場合は、名の知れた金融業者から断られるようになった負債人について、自分では融通は全くせずに、貸出を可能な別な同業者を知らせて、常識外の手数料をもらうグループです。

 

紹介者は高度な手続きで融通してもらえたという口調で解説しますが実際には特に何もせず、種は簡単で審議の緩やかなサービスを知っているということなのです。

 

負債を重ねることになります。

 



関連記事

  1. 不動産買取とか
  2. 引っ越しのタイミング・・・